横浜きぬた歯科 JR横浜線 鴨居駅徒歩2分

045-935-1186

お口の中に関するお悩み

お口の中にまつわるお悩み

歯周病とはどんな病気なんですか?
放っておくとどうなるのですか?

歯周病とは簡単に言えば、歯を支えている骨が痩せてというか、溶ける病。今、抜歯の原因の最たるものになっています。いろいろな統計の取り方はありますけど、私が歯科医師になって33年、実感としては50歳以上の方の抜歯では10本に8本は歯周病で抜歯になっています。歯を失っていくとどうなるかは、ここで改めて皆様にはお話をするまでもないですが、ただこれは以前も再三お話ししてますけど全身に影響を及ぼす、全身を蝕む病と強く認識してほしい。しかも、それを周りの方に伝えていただきたい。病って大きく分けると2つあって、本当に悪化するまで痛みが出ないものと、早く痛みが出るもの、本当に怖い病って痛みが出にくいもの。その一つが歯周病、静かに静かに家を支える骨を蝕む、それと同時に血液に紛れていろいろな臓器に飛んで行って、心臓を脳を体全体を蝕んでいく恐ろしい病と認識してほしい。
ただ、以前から歯科医師は認識していた。歯科医師かから一生懸命医師にアプローチしてたんです。
先週、私の患者様の5人、医師から紹介されて来たんです。歯石を取ってもらえと。歯周病なら治療してもらえと。しかも歯医者に行ったって証明書を持って来いと。今までそういうことはなかった。医師側が歯医者を利用する様になってきた。私は医師達に言いたい。是非歯医者を望むがままに使ってほしい。あえて言わせていただければ、国も歯医者をもっと利用してほしい。歯周病のケアはコロナの予防に大いに役立つんです。医師も歯科医も目指すことは日本に住んでいる人々の健康なんです。一緒に協力することは日本全体の健康増進につながる。やっぱり長生きが目標ではなくて健康で長生きが目標。私思うんですけど、自分の健康のために努力するって、何か試験があったり学校があったりしてもいいと思うんです。でもない。ない以上、若い世代に負担をかけない様、個人個人が責任を持って自己管理をしていくしかないんです。ただ、最近はみんなしているんです。リスナーの中にしていない方がいたら、遅すぎたということがない様今からでもスタートすべきです。まずは口は内臓の入り口、歯医者に行ってそこからスタートするのが手っ取り早いと思います。

歯医者さんが歯医者さんを勧める。大丈夫なんでしょうか?

全然問題ないです。むしろ親切な先生。当医院にも多くの他の医院からインプラントの症例の患者さんを紹介していただいてます。インプラントは当院で、後の治療は紹介元に戻ってもらう。当然その後もインプラントは当院が責任を持つというパターンではすごく多いです。ある程度医者と同様まではいかなくとも、得意分野ってあるんです。自分の不得意分野を無理にされる先生はむしろ不親切と私は思います。つまり、大丈夫というかいい先生なんです。

待合室に入った途端に花粉所が止まって、診療室内でも花粉症が治まりました。何か工夫しているんでしょうか?

当院ではコロナの流行以前から何台もの、ただの空気清浄機ではなくインフルエンザをはじめとするあらゆるウィルス、もちろんコロナも、粉塵、花粉を除去する超高性能の医療用、めちゃくちゃ高いんですが、それを何台も設置しています。ただ私思うんですけど、このコロナもそうで、意外にも多くの設備を結構な金額をかけてもちろん患者さんからのコストは決して上げず、きぬた歯科は導入したんです。他の歯科医院も頑張っているとは思うんですけど、全ての歯科医院でそれができる訳じゃない訳です。それだけお金をかけられない病院だってある。それでありながら、未だに日本の歯科医院で先日の国会議員が予算委員会でおしゃっていましたけど、歯科の医療スタッフが患者様からコロナを移されたり、移した症例ってないんです。思えば、インフルエンザさえ私歯科医師になって33年経ちますけどなったことがないし、大流行しても病院の誰もならない。これって他の病院でもそうみたいで、何か特別な抗体みたいなものが出来ちゃうんでしょうか。歯医者側も不思議なんです。歯医者の匂いなんでしょうか。歯科医師会の先輩に言ったら、そんな訳ねーじゃんって言われました。これわかると世界を救うことにつながるかもしれません。